2017年5月23日火曜日

仮面ライダー 東映生田スタジオ

昨年5月の東映生田スタジオ取材は、匿名の読者様から1991〜92年頃の「CALスタジオ」の貴重な写真をいただいたことが大きな動機となりました。今回も同じ方から新たに1995〜96年に撮影されたものだというスタジオの施設が撤去された直後の写真をいただきました。それらの写真には、これまた現在とは微妙に趣を異にする貴重な風景が収められており、比較写真を撮るべく現地を訪れました。


東映生田スタジオの現在を紹介する際には「現在は駐車場となっている」と紹介されることがほとんどです。1995〜96年の写真(左)ではまだ駐車場はなく、空き地が広がっているばかりです。2017年現在(右)では我々に馴染み深い土方駐車場となっています。ブロック塀が一部残されているのと、おそらくスタジオに電気を引き込んでいたであろう電柱から往時を偲ぶことができます。電柱は新しくなっていて場所も少し異なるようです。


1995〜96年頃の蜘蛛男の階段。こちらは僕が2004年に初めて訪れた際の印象に近いです。2017年現在(右)では階段がしっかりしたものになっており、金属の土留めが設置されております。この土留めはこの辺りの斜面一帯に設置されました。


カルビーの仮面ライダーカード28番「人くい花ドクダリアン」の階段もここのような気がしています。


2008年2月23日撮影。このころは1995〜96年頃の印象と変わりません。


マンションニューランド側からスタジオへの下り坂の途中です。1995〜96年の写真では向かって左側の擁壁が全て残されていて、この時期に写真を取りに行きたかった!と思わずにはおれません。右側の基礎やフェンス、電柱などは往時のままです。正面のゴミステーションは形状は変わりませんが新しくなっているようです。


また、同じ方より『戦え!ぼくらのヒーロー大集合(1976年5月15日放映)』という特番の画像をいただきました。残念ながら僕も未見なのですが、東映東京撮影所(大泉)で撮影されていたはずのカゲスターとロボコンが出会う場面が、馴染み深い生田スタジオ周辺で新規撮影されており、大変なインパクトがありましたので合わせて取材しました。

ロボコンが多摩美2丁目からマンションニューランドのあるY字路へ下ってきています。


マンションニューランドのエントランスのあたりでカゲスター、ベルスターと合流します。取材当日は雨に祟られましたがおかげで番組とよく似た写真が撮れました。

『戦え!ぼくらのヒーロー大集合』の生田スタジオ周辺での撮影はこの1場面だけだそうですが、それを何故この場所で撮影したのか?わざわざカゲローカーやベルカーを持ってきたのか?など疑問が絶えません。機会があれば全編見てみたいと思います。


取材日
1995〜1996月頃(匿名さま取材)
2017年4月15日