2016年12月26日月曜日

仮面ライダー 多摩美1丁目

第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!?」

サボテンバットがおばさん達をサボテンにして回る場面は、東映生田スタジオ周辺の多摩美1丁目の住宅地で撮影されています。

サボテンを売っているところは多摩美1丁目8。家並みや傾いた電柱がほぼそのまま残されていました。


ピンクの服のおばさんがサボテンにされる道も同じ一角での撮影です。ここも左側の青い瓦のついた白壁、右側の石垣と側溝など、番組撮影時と同じ雰囲気が多々残されています。


黒い服のおばさんがサボテンにされる場所は、多摩美1丁目から麻生区高石3丁目へ降る長い階段です。


階段を見上げて右側の多摩美1丁目11と12のお住いにも当時の雰囲気がよく残されていました。白いハート型のフェンスに妙に郷愁がそそられます。


階段から下ると県道124号線。少し前はその辺りにミニシアター「グリソムギャング」があり、上映会に参加する際は少し回り道をしてこの階段をよく利用しました。

青色 サボテンを売っていたところ
黄色 ピンクの服のおばさんがサボテンにされるところ
赤色 黒い服のおばさんがサボテンにされる階段

多摩美界隈も歩いていると新しいお住いが増えてきたと感じますが、今回取材に訪れたところはいずれも当時の雰囲気が色濃く残されていました。

放映日
1973年1月27日

取材日
2016年11月26日

2016年12月14日水曜日

超人バロム1 廃車置き場

超人バロム1
第29話「魔人ウロコルゲがドルゲ菌をバラまく!!」

バロム1と魔人ウロコルゲの初戦が繰り広げられる廃車置き場は番組撮影当時、生田小学校のすぐ隣にあった廃車置き場です。現在ではベネッセの有料老人ホーム「グランダ生田」となっています。



バロム1の背後にそびえる建物は生田小学校の校舎です。


画面左側が生田小学校、取材写真では右側がグランダ生田の建物です。番組撮影当時は土の広場に所狭しとダンプカーが置かれていましたが現在は舗装され施設の駐車場となっています。


松五郎の背後の建物も生田小学校です。


入り口付近は現在も舗装されていませんが草原になっています。

仮面ライダー
第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!?」


バロム1第29話から3ヶ月の間を置いて仮面ライダーでも同じ場所が登場します。


番組中に置かれている車はバロム1の撮影時とほぼ同じ様子です。


本郷の背後の赤い作業車両はバロム1の画像(本記事4段目の写真)でも確認することができます。車両に所有者の名前が書いてありますが読み取ることはできませんでした。


メディカルホームグランダ生田は2014年の開設だそうです。自分もそのうちお世話になることがあるかもしれません。


放映日
第29話「魔人ウロコルゲがドルゲ菌をバラまく!!」
1972年10月15日

仮面ライダー
第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!?」
1973年1月27日

取材日
2016年10月1日

2016年12月11日日曜日

超人バロム1 川崎市立生田小学校

第29話「魔人ウロコルゲがドルゲ菌をバラまく!!」

第29話で主人公たちが通う小学校の場面は川崎市立生田小学校で撮影されています。設立が明治6年という歴史のある小学校です


正門周辺は壁を含めてリニューアルされています。


校舎自体は窓枠がアルミサッシになっている以外、概ね変わりないようです。


通学路から見えるかまぼこ型の体育館が印象的でしたが、現在はありません。


松五郎が身を隠している電柱には、よみうりランドランド前駅通りの老舗和菓子屋「万福堂栄月」の広告が確認できます。かつては才沢園茶舗の向かって右側で営業されていたそうですが、現存しません。

放映日
1972年10月15日
取材日
2016年10月1日

2016年12月8日木曜日

超人バロム1 読売ランド前駅

第13話「魔人タコゲルゲが子供をねらう!」

小田急小田原線の読売ランド前駅は東映生田スタジオ作品で頻繁に登場します。超人バロム1も例に漏れず撮影が行われていましたので、このブログでも何度目かの投稿になりますが改めて取材いたしました。


松五郎がドルゲ魔神タコゲルゲの説明をしている場所が読売ランド前駅の南口改札前です。歩道橋から見たお馴染みのアングルです。地面にちょうど段差があった場所にうっすらと筋が残っています。


現在は自動改札で入退場は1方向ですが、旧改札口は二方向から出入りできたという話を地元出身の方に伺いました。


松五郎が立っている所は箱根そばとOdakyu SHOPの間あたりだったのではないかと思います。


線路を跨ぐ横断歩道橋の幅が広くなっています。改修で太くするとは考えにくいので、やはり架け替えたのだと思います。


写真では分かりにくいですが、小田急線の架線設備は同じもののように見えました。


横断歩道橋の架け替えがいつのことなのかは不明です。


現在の箱根そばがあるところは、番組撮影当時は小田急フローリストという花屋さんだったようです。仮面ライダーアマゾンでは営業時間外の撮影だったようですが、このエピソードでは営業中です。人通りがある昼間に撮影したのでしょう。


猛と健太郎が様子を伺っているところも小田急フローリストです。正面奥のワゴンにはニューヴィクトリアのロゴが確認できます。


松五郎の話を聞く通行人の後ろの六角形の看板のあるビルは、大京園という中華料理屋さんで、大変評判のいい料理屋さんだったそうです。取材写真で伊藤耳鼻科の看板がある電柱が番組中のものと同じものかどうかは分かりませんが、場所は同じ所にあるようです。


大京園は後継者がなく90年代に閉店してしまったそうです。親戚の方が百合ヶ丘駅前のアーケードで同名のお店をやっていたそうですが、 それもここ最近閉店したとのことです。

以前のよみうりランド駅前通りの記事にコメント欄に、元住民様から詳細な情報をお寄せいただけました。より詳しい当時の様子がわかるのではないかという思いから現地を訪れまして、今回新しい記事にすることができました。大変ありがとうございました。また駅前の様子に関してアドバイスしていただいたお二人の識者の方々にもお礼申し上げます。ありがとうございました。

超人バロム1
第13話「魔人タコゲルゲが子供をねらう!」
1972年6月25日

取材日
2016年12月3日