2009年1月2日金曜日

仮面ライダー 稲田登戸病院

第26話 「恐怖のあり地獄

ゾル大佐の罠にはめられた滝が、逮捕され留置された城南警察署の外観は川崎市多摩区枡形にあった稲田登戸病院で撮影されています。

この病院は地域住民の方に惜しまれつつも2006年3月で廃院となっており、私が訪れた時はすでに解体作業中でした。



留置所の滝に会うために警察に忍び込む一文字。
病院の入院棟への通路の側壁です。質感と葉っぱに覆われた感じが良く似ています。


一文字に続いて忍び込もうとするユリと五郎。
奥に見える建物はリョーサン向ヶ丘遊園寮(2007年取材時)です。手前を通過する電車は小田急線で向ケ丘遊園駅が最寄りです。因にこの場所は立入禁止でした。どうもすみません。


2007年末にはまだ残されていた診療棟。


2008年5月には全て解体済で、跡地にはマンションが建つそうです。丸坊主の山肌を見ると心が痛みます。

放映日
1971年9月25日

取材日
2007年12月24日
2007年12月31日
2008年5月18日

8 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

久々の更新、お疲れさまです。いつ新しいネタがアップされるかと、日々楽しみにしておりました。
ドクダリアンの造成地とは、今回もまたずいぶんとシブイところを廻られましたね。貴兄の観察力と執念には、毎度のことながら感服するほかありません。
この調子で行けば、「仮面ライダー」全98話のロケ地探索も完璧を目指せるのでは?
ご多忙を縫っての現地リポートゆえ、さぞ骨も折れるでしょうが、今後とも質の高い探索情報を期待しております。
時節がら、くれぐれもご自愛のほどを。

MGG さんのコメント...

コメントありがとうございます。

全98話のロケ地探索は夢でありますが、
さすがにちょっと無理っぽい(笑)気がします。
が、気長に続けていきたいと思ってはいます。

基本的には自分が行ってみたい所優先になるのですが、
何故か地味目なチョイスになるのが自分でも不思議です。

匿名 さんのコメント...

初めて訪れました よろしくお願いします
この跡地に凄く興味があったので、今回のレポート
とってもためになりました。
やっぱり画像を見れると、凄く伝わりますね

やっぱりマンションが建つのかな?
ちょっと興味あります

ありがとうございました

MGG さんのコメント...

匿名さま

返事が遅くなって申し訳ありません。

あの跡地は大規模なマンションが立つそうです。
取材時に撮影した写真を見ると、
平成21年6月まで通行止めとありました。
この記事に掲載した所は立ち入り禁止でしたが、
今は通り抜けられるのかもしれませんね。

Masayoshi Ukida さんのコメント...

私は稲田登戸病院の近くに住んでいます

MGG さんのコメント...

Masayoshi Ukida 様

この周辺はロケ地密集地帯ですね。僕もまだこれから行ってみたいところが沢山あります。
緑が沢山あって良いところですよね。

Rocky さんのコメント...

初めまして。ハマのロッキーと言われております。

かつて、向ヶ丘遊園周辺には1年だけですが住んでおりまして、ちょうど写真にあった会社の寮の後方のマンション(撮影当時にはまだ建築されていなかったようですが「ドミール向ヶ丘」と呼ばれております)に在住していました。そのため稲田登戸病院は当たり前のように視界に入り、生活の一部ですらありました。

今年のゴールデンウィーク中、思いつきでふと久々に向ヶ丘遊園周辺に行きましたが…駅周辺にはさほど変化がなかったものの、あの稲田登戸病院が文字通り影も形もなかったとわかって本当にビックリしました。私の在住当時でも「私鉄沿線97分署」のロケにもろに出てくるほどのランドマーク的存在でしたから、おっしゃるように丸坊主の山肌を見たときは本当にもの悲しいものがありましたね…

ただ、跡地にはマンションが建設されるそうですが、取り壊されたということはそこだけ病院建設前の景色が一時的に戻ってきた、ということでもある程度なりますから…こうなってしまった以上現時点での景色はこれはこれで貴重かも知れないので、残す価値はあるかもしれませんけどね。

MGG さんのコメント...

Rocky さん

コメントありがとうございます。返信が遅くなり誠に申し訳有りません。
病院跡地にブリリア向ヶ丘遊園というマンションが建ったそうですが、完成まで思っていたよりペースが遅かったような印象です。
この後、山肌一面に建物が立つ様子でも無いみたいですね。また近いうちにでも立ち寄ってみたいと思います。